・:*:女優柴崎コウさんが、なぜ、「種子法」に反対なのか?日本の食卓が危ない!・:*:

ご購入はこちら

ブログ

・:*:女優柴崎コウさんが、なぜ、「種苗法」に反対なのか?日本の食卓が危ない!・:*:

2020/06/08

種苗法(しゅびょうほう)とは、植物の新品種の創作に対する保護を制定した法律です。

 

 そして、柴崎コウさんが提唱する種苗法改正について国民の皆さまに知っていただきたいという点は、種苗法の21条によりタネの自家採種の禁止になるということではないでしょうか。

賛成派は、日本の在来種や日本の研究機関が育成した品種は、日本の公共財であるから、和牛の精子同様に海外に持ち出されることは阻止されなければならないと強調していておりますが、賛成派の主張する点も正論で、厳しく取り締まる必要があると思いますが、問題点は、植物から種を取る行為が、原則OKから原則禁止に法律制定されることにあります。

 

⭐️ 種苗法21条の自家採種の禁止に問題あり。

 

タネの自家採種が禁止になると、農家は毎年新たに種を購入しなければならなくなります。

言い換えると、自家採種ができなくなり、毎年種が売れれば、種を販売している企業は儲かります。

タネが自家採種できなくなり、巨大企業がそれをもとに品種改良や登録を行い、日本の農家が多額のタネ代を払わなければ営農ができないという事態になることも危惧されております。

しかし、改正案には、このような危険を阻止する直接的な条文はないのです。

 

 では、海外産のタネってどうなのかということですが、詳細は割愛いたしますが、現在では海外産のタネが90%以上のシェアとなっている現状であります。

これでは、わたしたち日本人の古来のタネが失われてしまうかもしれないのです。

また、海外産の種は「健康」に大きな課題を抱えています。理由は2つあります。

 

  • F1種
  • 遺伝子組換

 

F1種とは、タネなしの植物のことです。

じつは、F1種(タネなし)というのは、農薬に耐性のある植物のタネを遺伝子組み換え技術等を用いて開発した新種のタネです。

言い換えれば、歴史の中で、人類がほとんど口にしたことのない植物で、人間においても遺伝子組換え作物でガンの羅漢率が高くなるという研究結果も出ています。

しかし、残念ながら現在の日本では、認可される遺伝子組換え作物の数は増加の一途をたどっています。

そして、日本はダントツで多くの遺伝子組換え作物を認可している汚染農業大国なのです。

⭐️日本古来の安全なタネを守りたい。

 柴崎コウさんは、このような現状を踏まえて、この種苗法について多くの方に知っていただきたかったのだと思います。

柴崎コウさんの勇気ある行動に、心より感謝です!

 

:*:.・★,。・:*:.・★,。・:*:.★,。,。・:*:.・★

タネからこだわり愛情を込めた、北海道産の無農薬大豆の発酵食品、タイセイ核酸です。

 

免疫力upに、皆さまも上手にタイセイ核酸をご活用くださいね!

 

皆さまが、毎日、笑顔で過ごせますように❣️

 

:*:.・★,。・:*:.・★,。・:*:.★,。,。・:*:.・★

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。